JF北部九州おさかなマーケット さかなネット
TOP
さかな大辞典
あ行
か行
さ行
た行
は行
ま行

さかなのさばき方
さかな料理レシピ



 
タチウオ  
学名: Trichiurus japonicus
英名: Atlantic cutlassfish
地方名: サワベル、タチ
脊椎動物門・硬骨魚綱・スズキ目・タチウオ科

【特徴】

 体が刀に似ているためという説と、垂直に立って泳ぐことからこの名が付いたという説がある。生息水深は100m位で、群れをなしている。夏の産卵場と冬の越冬場の間を回遊している。体形はうすくて長く、尾に向かって細くなり、先端はひも状になっている。頭部は側偏しカマスにやや似ている。下あごは上あごよりも前に著しく突き出て、先端に鋭い犬歯をもつ。全身にうろこはなく、銀白色の粉でおおわれ、輝いて見えるため美しい。この銀白色のグアニン箔は銀箔紙、模造真珠の光彩に利用されたりする。秋は特においしく食べられる。

【分布】

 北海道以南の日本各地、全世界の亜熱帯・温帯海域

【大きさ】

  1.5m

【漁法】

  船釣り、ルアーフィッシング

【食べ方】

  塩焼き、煮付け、刺身

【関連ページ】
さかな料理レシピ「たちうおの油焼き」 ・「たちうおの利久煮
さかなのさばき方「タチウオ





All rights are reserved by Nagasaki Federation of Fisheries Co -Operative.