JF北部九州おさかなマーケット さかなネット
TOP
さかな大辞典
あ行
か行
さ行
た行
は行
ま行

さかなのさばき方
さかな料理レシピ



 
シイラ  
学名: Coryphaena hippurus
英名: Common dolphinfish
地方名: マビキ、マンビキ
脊椎動物門・硬骨魚綱・スズキ目・シイラ科

【特徴】

 シイラ科にはシイラとエビスシイラの2種あるが、シイラはエビスシイラよりも体が高く、丸みをおびており、うろこが小さい。黒潮流域の表層に多く、夏から秋にかけてよく見られる。稚魚は流れ藻につく。成魚はトビウオ・イワシ類を食べ、群れで潮目や漂流物の下などを泳ぎ、夏は高緯度域まで進出する。釣り上げられた時に体の色が変化する現象を「シイラの七変化」と呼ぶ。ハワイではマヒマヒと呼び高価でステーキやフライで賞味するが日本ではそれほどではない。鮮度が落ちやすいことから干物に加工される。

【分布】

 世界中の暖悔、日本沿岸では暖流の影響を受ける所

【大きさ】

  2m

【漁法】

  定置網、巻き網、シイラ漬け

【食べ方】

  惣菜、刺身、照り焼き、塩焼き





All rights are reserved by Nagasaki Federation of Fisheries Co -Operative.