JF北部九州おさかなマーケット さかなネット
TOP
さかな大辞典
あ行
か行
さ行
た行
は行
ま行

さかなのさばき方
さかな料理レシピ



 
ハモ  
学名: Muraenesox cinereus
英名: Arabian pike-eel
地方名: ハモウナギ、ハミ
脊椎動物門・硬骨魚綱・ウナギ目・ハモ科

【特徴】

 ハモは水深100m位までの砂泥底に生息する。アナゴに似ているが鋭い歯が口が大きく、鋭い犬歯をもつ。鋭い歯でかみつくために、はむ(食む)が転じてハモになったといわれている。5〜8月が産卵期で浮遊卵を産む。半透明の柳の葉のようなレプトセファルスという幼期を経て成魚になる。夜行性のため日没頃からイカ・タコ、小魚、甲殻類を鋭い歯で襲う。身は白身で脂肪が多く、風味がよい高級魚であるが、小骨が多いために骨きりといって細かく切れ目を入れて調理する。1m程度のものが味がよい。夏の京料理には欠かせない素材である。

【分布】

 青森県以南、東シナ海、インド・太平洋域

【大きさ】

  2m

【漁法】

  底曳き(そこびき)網・延縄

【食べ方】

  薄焼き、天ぷら、酢の物、照り焼き

【関連ページ】
さかなのさばき方「ハモ





All rights are reserved by Nagasaki Federation of Fisheries Co -Operative.