JF北部九州おさかなマーケット さかなネット
TOP
さかな大辞典
あ行
か行
さ行
た行
は行
ま行

さかなのさばき方
さかな料理レシピ



 
ブリ  
学名: Seriola quinqueradiata
英名: Yellowtail
地方名: アカンボウ、ハナジロ
脊椎動物門・硬骨魚綱・スズキ目・アジ科

【特徴】

 典型的な回遊魚でカムチャッカ半島〜台湾近海で見ることができる。成長するにしたがって呼び名が変わる出世魚の代表格であり、モジャコ・ワカシ・フクラギ(〜15cm)、イナダ・メジロ(40cm前後)、ワラサ(60cm前後)、ハマチ(15〜60cm)と呼ぶ。成長するまで数年を要する。春に直径1、2mmほどの浮遊卵を産む。産卵期には味は落ちる。暮れから正月にかけての寒い時期に脂がのり寒ブリが珍重される。お雑煮にブリを入れる地域が多い。

【分布】

 東シナ海からカムチャッカ半島にかけて

【大きさ】

  1.2m

【漁法】

 揚繰網、 曳網、 刺網、 定置網

【栄養と効能】
 ぶりは成長段階や季節によって成分に差がありますが、注目すべきは脂肪に含まれるEPA・DHAの豊富さ。特に養殖はまちの切り身には魚介類中第三位を誇る含有量があり、天然のぶりもトップクラス。
 また、コレステロールの代謝促進や肝臓強化に優れた効果を発揮することで話題のタウリンが豊富です。中でも血合部には普通肉の3倍量も含まれています。  脚気や炎症予防に効果のあるビタミンB1、B2の含有量も多く、さらに特記すべきものにパルミトオレイン酸(POA)が豊富であることがあげられます。これには脳の血管に栄養を補い、血管壁を丈夫にする働きがあるとされている成分です。

【特徴と種類】
 「出世魚」の代表選手。稚魚から順にもじゃこ、いなだ(はまち)、わらさ、ぶりと呼び方が変わります。九州南沖の温帯で生まれたぶりの子は群をなして北海道の南部まで回遊し、秋に水温が下がると再び南の海に戻ります。翌年の冬ごろには体長1m、体重10kgほどの親魚に成長し、腹に卵を抱えて産卵のために南下します。これが「寒ぶり」とよばれる栄養の宝庫です。魚市では養殖したぶり(4kg前後のもの)をハマチと呼び、天然物と区別しています。

【給食調理メモ】
 大型魚ぶりは照り焼きが人気。大量調理の場合、焼かずに油で揚げてタレをからめる「なべ照り」にすると簡単においしくできます。脂肪が多いので焼き物がベストですが、他のものに利用するときは油は少なく。身だれが早いので調理は手早くしましよう。

【関連ページ】
さかな料理レシピ「ぶりの芝麻醤煮





All rights are reserved by Nagasaki Federation of Fisheries Co -Operative.