JF北部九州おさかなマーケット さかなネット
TOP
さかな大辞典
あ行
か行
さ行
た行
は行
ま行

さかなのさばき方
さかな料理レシピ



 
アカカマス  
学名: Sphyraena pinguis
英名: Red barracuda
地方名: アカカマサ、ナダカマサ
脊椎動物門・硬骨魚綱・スズキ目・カマス科

【特徴】

 体は細長い円筒形に近く、下あごが上あごより前方へとびだし、口先は尖っている。頭は小さく、眼は大きい。体は背の部分が黄褐色で腹側は白い。第1背びれは腹びれの少し後方にある。水深20〜60mの沿岸に生息する。夏に浮遊性の卵を産み、1年で25cm、2年で30cmに成長する。イワシ類、エビ・カニ類などを食べる。うろこのきめが粗いことでヤマトカマスと識別できる。旬は秋である。

【分布】

 南日本(琉球列島を除く)東シナ海〜南シナ海

【大きさ】

  30cm

【漁法】

  定置網、刺し網、釣り

【食べ方】

  塩焼き、開き干し、バター焼き





All rights are reserved by Nagasaki Federation of Fisheries Co -Operative.